白髪があっても、ヘアスタイルを楽しむ

白髪があっても楽しめるヘアスタイルを挙げてみました。
MENU

白髪があっても、ヘアスタイルを楽しむ

白髪が生えていると、隠すことばかりに意識がいってしまい、ヘアスタイルが決まらない、いつも同じヘアスタイルになってしまって悩んでしまいますよね。
私もロングヘアの時は、散々白髪を隠すことばかり考えていて、いつもすとんと垂らしっぱなしでした。
髪を束ねると、短い白髪はどうしてもピョンピョン飛び出て目立ってしまうので、なるべく外では結ばないようにしていましたが、夏は暑いし、年中重たい。
ショートにした今は、そういった悩みも解消されてとても快適な日々を過ごしています。

 

 

 

白髪があっても楽しめるヘアスタイル

白髪があってもなくても、楽しく生きるためにもおしゃれはとても大切なことだと思います。
おしゃれが楽しいという感覚がなくなると、やっぱり老けるのも早いなと感じますよね。
しかし、白髪が何本も生えていると、髪をかき上げるのも恥ずかしくてできないし、風に吹かれるのも嫌だという人もいるくらいです。
それでは、おしゃれを楽しむことはできませんよね。
白髪を染めてしまえば、そういった悩みも一時は解消できますが、まだ染めたくない!と抵抗している人におすすめのヘアスタイルをお伝えしておきますね。

 

  • ショートヘア・・・ボブでも、ベリーショートでも、なんでもOK!短くすることで、ふわっと仕上げやすくなるので、白髪が目立ちにくくなります。生え際の白髪で悩んでいる人にもおすすめです。
  • ジグザグヘア・・・分け目をジグザグにすることで、白髪を避けることができて白髪が目立ちにくくなります。
  • 前髪しっかりヘア・・・意外なことに、前髪はしっかり重めに、そして長めに作ると、白髪は目立ちにくくなります。特に、こめかみの白髪をカバーしてくれます。
  • 外ハネウェーブヘア・・・ロングヘアでどうにか白髪をカバーしたい人におすすめです。目にかかる長さの前髪、そしてサイドは長めにするとこで、内側の白髪カバーが実現できます。
  • ロングウェーブヘア・・・ともかく、ロングがいい!という人におすすめ。長くても、ウェーブがあるだけで、白髪は目立ちにくくなりますし、ボリューム不足で悩んでいる人も、カバーできます。

 

 

おしゃれを楽しむと一言でいいましたが、白髪の場合は特に、年齢によっておしゃれの仕方が変わってくると思います。
30代・40代でしたら、白髪はできる限り目立たないようにしたいでしょうし、50代後半からはある程度白髪混じりのヘアスタイルを楽しむというのもおしゃれになってくるのではないでしょうか。
その年齢だからこそ、似合う、味が出るヘアスタイルってあると思います。
気にし過ぎず、ナチュラルに、でもおしゃれはしっかり楽しんでみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ